FC2ブログ

2008年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

架空誘拐された私。

~初めに~
 本日はデジカメのメモリーカードに撮りためてあった写真を使用してま~す


今年も成人の日を過ぎ
自分が二十歳だった頃の事を思い返していて・・・
とんでもない事を思い出した。
なぜ忘れていたんだろう、私!

あれはまだ19の頃。

ついこの間です(*`◇´*)/ 

仕事のために既に親元を離れて一人成田に来ていた・・そんなある日。
「親御さんから電話が入り、折り返し連絡が欲しいらしい」
事務所に立ち寄った私に課長がそう告げる。

緊急事態ならば「折り返し連絡」などと呑気な事は言わないだろう。
そもそも仕事場に家庭の事情を持ち込むことを嫌っている両親が…
何事だ?

DSC04174.jpg
だから・・なんでそうなるのよ( ̄∇ ̄;)

とにかく許可をもらって公衆電話へ急ぐ。
そう、あの頃はPHSはおろかポケベルさえも存在しない世の中。
携帯電話と名のつく物はあったけれど
肩から下げる無線機みたいな代物だったっけ。

そして私の電話を受けた母が開口一番

ゴメンねぇ~!

は?どうしたの?何かあった?

だって・・脅迫電話がかかってきたんだもん

はい?・・・えっ?

聞けば、男の声で
娘(私)の身柄を預かっている。
(地元の)駅前に一緒にいるので返して欲しかったら金持ってこーい!

という電話があったんだとか。

DSC04176.jpg
だーねぇ・・・。

母はその場でパニックになりかけたらしいのだけれど
幸いその日は父がいて、事なきを得た。
落ち着いて電話を代わったら相手がすぐに切っちゃったんだって。
しかし母の不安はおさまらず、会社に電話をしてきたという訳だった。

DSC04165.jpg
そうだろうね。
たまたま父がいた日だったから良かったものの
もしも母一人だったらどうしていただろうか・・・。
冷静になればあり得ない事だったんだけど
パニックをおこしかけた母の親心を痛いほどに感じた出来事だった。

まだ、オレオレ詐欺なんて無かった頃のお話。


架空で良かったよ。
←日本ブログ村へGo!
あなたのワンクリックで10ポイント♪

| 未分類 | 07:00 | comments:18 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |