PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

つまり今まで通りってことで

本日の記事は長いです。
ちょっとショッキングなことがありましてね・・・。



ご近所のワンちゃんが・・・・ボケちゃいまして。
年齢13歳の小型犬なんだけど 飼い主さんが仰るには突然だったと。

その日、いつものように尻尾を振って嬉しそうに帰宅を出迎えてくれて
でも・・気づいたときには口から泡を吹いて痙攣していて
次に意識が戻った時には 呼びかけにも反応せず
その夜から家の中での徘徊が始まったんだそうで。



その後は自分で食事をすることも出来ず 
鳴くことを忘れたかのように声が出せず
狭いところに入り込んで身動きが取れなくなった時だけヒーヒーと・・・。
病院へ行ったけれど 首から下は悪いところはどこもなく

後はCTやMRIで調べるしかないけれど 
全身麻酔が必要になるから危険を伴う、このまま付き合っていくしかない


と言われ、痙攣のお薬だけは頂いたらしいんですけどね。
それが1週間ほど前のことだそうで。

一昨日、偶然お散歩でお会いして その時に上記の話を伺って。

それが今日になって急に回復してね 声を出すしこうしてお散歩にも出るし
他のワンちゃんにも興味を示すしね♪


そう仰るんだけど・・
いつもその子と会って名前を呼ぶと 嬉しそうにすり寄ってきて
体をくねくねさせながら全身で喜んでくれるのが・・
この時は名前を呼んでも無反応、手を出してもシカトで。
明らかに今までと全然違うんだけど・・飼い主さんにはそう言えなくて。


家に戻ってから犬の痴呆について検索しまくりました。
ウチのジョーディー君も11歳。他人事じゃないし。



こんなチェック項目も見つけました。

・ 昼と夜が逆転し、明るい昼間は寝ていて夜に起きている
・ 夜になると意味もなく大きな声で鳴く
・ トボトボと歩く、徘徊する
・ 飼い主さんや家族のことがわからない、区別がつかない
・ 歩いていて壁に頭を当てる、隅っこに頭だけを入れている
・ くるくる円を描くように回る
・ 食欲が異常だったり、よく食べるのに痩せている
・ おしっこをもらす、トイレを失敗することが多くなる
・ 前進ばかりで後退できない
・ 呼びかけや習慣行動など、何事にも無反応になる。
  (もしくは興奮しすぎるなど感情のコントロールができない)

シニア世代に突入したら・・たまに照らし合わせてあげるのもいいかも。



今まで通り1

君の場合、食欲は当てにならないけど 食べてるのに痩せてくるのは要注意なのね。



それでも、上のような症状が見えたからと言って諦めるのではなく
初期の痴呆なら ちょっとしたことで若返ったように元気になるケースもあるんだそうです。
血管を拡張させて血流を良くするお薬なんてのも 最近ではあるみたい。
それと、まだ元気なうちから予防することも大切。

良く話しかけて スキンシップをして 
お散歩で他の犬と接触させるのもいいそうですよ。
ドッグランやドッグカフェ 中にはパピーを迎えたらめきめき元気になった
なんてお話もありました。
出来る限り 脳を刺激することがいいみたいですね。




我が家で出来ることも・・そんなものかなぁ。
パピーを迎えるのは無理だし、他の犬との接触も・・特定の子以外だめだし(涙)
ドッグカフェなんざ この田舎には皆無だし(号泣)
体操だ!頭の体操しよう、ジョーディー!!




ピタゴラスの定理、言ってみな。

今まで通り2




今まで通り3

…その手の質問は却下です。
いいの。私 文系だったし。いざとなりゃアンタと違って検索出来るし。




でもまぁ、いきなり難易度が高すぎたか。
まずは九九からかな? あ、その前に数の数え方はわかるよね?

今まで通り4

三つまでかよヽ(゚▽、゚)ノ




今まで通り5

そうだね~。
大好きなオモチャ、探し当てるというハウンドとしての純粋な欲求
家中を探し回るときのその運動量
そして、見つけた時に得られる達成感と「偉いね・すごいね」という褒め言葉。




真面目な話、これが一番なのかも!

にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへにほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

2つのランキングに参加しています。
『来たよ~!』と押していただけると嬉しゅう存じます♪



現在
しばらく、勝手に「歯を大切にキャンペーン!」
ヒヅメなどの固いおやつはあげないで!!

に参加しております。
「なんで?なんで急にこのキャンペーン?」と思った方は
コチラの→パンチ君の歯の話をご覧下さいね。

| 犬 日常 | 10:58 | comments:11 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

歳を取って来るといろんな気がかりが増えるよね。
予防策が必要だなーと思いつつ、何をやっていいか
わかんなかったり。

とりあえず今日も愛情注いで体と頭使ってもらおう ^^

| ひぃ | 2011/10/18 11:51 | URL |

その13歳の子の飼い主さん、それを回復というくらいだから
よっぽど状態が悪かったんだね。 
自分の子が いきなりそうなったらショックだろうなあ (涙
痴呆のチェック項目さあ、7番目と9番目以外 平次そのものなんだよね。
つまりは 赤ちゃん返り … じゃあ かわいいってことで^^

| のりじ | 2011/10/18 12:06 | URL |

ウチの近所のMIX君も つい先日の事だよ 泡吹いて突然倒れて・・・
ジョジョと仲悪くて散歩時間が重ならない様にお互い気を付けてるぐらいのコでさ
歳も同じくらいなんだけどね
そのコの場合は飼い主さんが どうしても助けたいって検査受けたら
脳梗塞みたいなモンだったらしくてねぇ どうしようもないって言われたんだって
首傾けたままだけど散歩出来る様になってるから
今まで通りってより更に愛情注いでる感じ
痴呆って言っても凄く沢山の原因があるから治せるものなら
治してやりたいと思うよねぇ

で 先に人間が呆けた場合は どーするよ。。。(涙

| ジョジョボ | 2011/10/18 12:44 | URL | ≫ EDIT

う~ん。

むずかしいですね。人でも同じ状態になると大変ですから。
犬だってありますよね。親戚のわんこが以前老犬になってから急に家をまるっきり建て替え、新しい家に来たとたんボケたということがありました。老犬にとって急激な環境の変化はやっぱりつらいんでしょうか。
ジョーディーくんも今までどおりママの愛情を一心に受けて入れば大丈夫だよね~。

考えさせられる出来事ですね。

| ほりゆり | 2011/10/18 14:47 | URL |

うちもぽぽも、ありました~。
そんなにひどくなかったけど~
食事中、やたら叫ぶようになって・・・・(涙
前までは、おとなしく足下で待ってたもに・・・

ボケでもさぁ~
「飼い主がわからなくなる」ってのが一番悲しいかも~~

| もるぽぽ | 2011/10/18 16:32 | URL |

「ママ!ボーロなら100まで数えられるから出してみて!!」
 byジョーディー君

スキンシップと話しかけることだけは,アホみたいに毎日やっていますけど…。
忘れたふりとかされるので,曲者です。
アトムは家の中でトイレをしないので,そろそろシニアに突入した以上トレーニングしたいところです。

| カピバラ | 2011/10/18 16:37 | URL | ≫ EDIT

13歳で痴呆かぁ…
痴呆になると狭い所に入って後退できなくて出られなくなるって聞いてから、毎日朝私の着替えについてきて、狭いベットの隙間に入り込んでバックでちゃんと出ていくるくおを見てほっとしています(^^ゞ
毎日スキンシップして、うっとおしがられても脳を刺激し続けなくっちゃ(^.^)

| ポチ子 | 2011/10/18 22:45 | URL | ≫ EDIT

うちのコロちゃんは 名前の通り「コロ」っと逝っちゃったんだけど
隣のワンコは徘徊もしてたし ご飯も食べれなくなってたし
ほんとにかわいそうだったんだよね
最後は体に虫がわいてきちゃって 飼い主さんが
「もう楽にしてやってくれ」って医者に泣きついたくらいだったんだよ
先生は それは出来ないってやってくれなかったけど

てんはどうなるのかなぁ。。。
あたしのこともわかんなくなって ガウガウはじまるのかな
今よりもっと凶暴になっちゃうのかな(涙)
穏やかに老後を見守ってやりたいんだけど。。。

| かなこ | 2011/10/18 23:48 | URL | ≫ EDIT

ワンコにもニャンコにもあるんですよね。
痴呆って。注意深く愛情を注いで見てたら
ナンか違う。って思うんでしょうね。きっと。

ジョーディー君はまだまだヤングだから平気ね。
ただ、ピタゴラスは解んないね。ジュニキチも
解らないから大丈夫(←根拠なし)

| ジュニキチ | 2011/10/19 04:04 | URL | ≫ EDIT

とっても辛い話です。
今現在友人の母親がそんな感じで苦しんでいます。

ワンコもなるんですね?本では読んでいました、ほとんど人間と同じ様な病気になる事。
でも、現実に身近なわんちゃんがそんな病気になると、ショックを受けますね。
小型犬だと、飼い主さんの介護もある程度しやすいかもしれないけど、大型犬だと排泄のお世話一つとっても、重労働ですね。
みんな元気で、苦しまない最後ってないのかしら?
かなちゃんの話もショックです、身体から虫がわくって・・・(涙)

| 作久良 | 2011/10/19 09:38 | URL |

いつもコメントありがとうございます。
まとめてのお返事で失礼いたします。

実はこの記事を書いた後、そのワンちゃん一度は立つことも出来なくなって
でもその子自体は全く諦めてなくて 何とか動こうとしてて
なんとそのあと劇的に回復したんですよ。
今では、日に2度 以前のようにお散歩に出てます。
飼い主さんが決して諦めずに必死になったからなんですけど。

犬のボケって人と同じなんですね。
幸い、私はまだ一度も経験したことはありませんが
目や耳にすることは何度もあって。
夜通し鳴き続けたり徘徊したり・・
飼い主さんの大変さは 簡単に語れるものではないんだと思います。

私たちよりもずっと短い一生。
出来れば最後まで健やかに全うして欲しいとは思うものの
こればかりはわかりませんもんね。
飼い主としての覚悟や心の準備も必要だとわかってはいても
やはり 穏やかな老後をと願って止みません。
もしもジョーディーが私のことをわからなくなったら・・
そんなこと考えたくないなぁ。

| ジョーディーママ | 2011/10/20 21:14 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT