PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

悲しい予感。

たとえ何があっても私は主婦なので家事はこなさなければなりません。
ジョーディーが旅立って8日。
毎日のように掃除をしているにもかかわらず
いまだにあるんですよね、ジョディ毛が。本体はもういないのに。
きっとそうなるんだろうと まだ元気な頃から想像はしていたけれど。
その時になったらきっと辛くてたまらないんじゃないかと思っていたけれど
なんだかそれが愛おしくて可笑しくて。

ねぇ、まだ出てくる?まだどこかに隠し持ってる?

遺影に向かって思わず笑って話しかけちゃいました。
ジョーディーママです、こんにちは。




◇    ◇    ◇    ◇    ◇    ◇    ◇    ◇  



抗生物質を飲んで1週間後に再度尿検査
そう言われて行きましたよ、次の週も。
少しでも改善されていればいいんだけど、と願いと期待を込めて。
この時はね、採取した尿だけを持って行ったの。
特別変化がなくてだるそうだったら連れてこなくてもいいって言われてたから。
私も、車移動するだけでも負担だからその方がいいかな、なんて考えちゃって。

『あのね、悪化してる。もう1週間お薬飲んで。また来週。』

そして、オヤツはあげない事 ストラバイト用の療法食を食べる事を再確認されて。
(前回の診療の時にもそう言われ、フードも処方されていました。)
了解した旨を伝えつつ、どうしても脾臓が気になっていた私は
具合が悪そうだったら1ヶ月を待たずに連れてきてもいいか
診ていただけるか・・と聞いていました。

この頃にはもう、ストラバイトは直接関係ないんじゃないか
抗生物質でどうにかなる出血じゃないんじゃないか
少なからず疑問に感じていたんだろうと思います。


それまでも色々と相談していた友人達に経過を報告。
ここで、とても大きな助言を貰う事になったのです。

犬の貧血は人間のとはわけが違うんだよ!大変な事なんだよ!

診断と治療を別に考えなさい。
きちんと正しい診断を下してもらえるところを探して
その後、どこでどう治療するかを考えればいい。


そうだった・・ジョーディーは自分で選べないんだから
私がしっかりしなきゃいけないのに。
「いざという時のためにCTが撮れる病院を探しておきなさい」と
以前からそう言われていたけれど
10年以上お世話になってきたそれまでの病院に
どこか遠慮のような気持ちがあったのは確かです。
他へ行く事は なんだか不義理をするみたいで。

でもそんなことは言っていられない。
2度目の尿検査翌日には、もう感じていました。第六感とでも言うのかな。
この子は1ヶ月も様子を見ている場合じゃないんじゃないか
そんな余裕はないんじゃないかと。
それでやっと(遅いっ!) ネット検索で見つけた
隣市にある動物病院へ行くことに決めたんです。
明日の朝一番で行こう、そう夫と話し合って翌朝
忘れもしない1月19日。↑の診察の翌々日です。
ジョディ君、今朝はどうかな?どんな検査するかわからないから
食事は抜きで行った方がいいかな?
前の晩の夕食はきっちりと食べてるから大丈夫だよね?
などと考えながら まだ寝ていたあの子を起こす・・。

ジョディ君、朝だよ~^^ 気分はどう?大丈夫そう?

ん?と目を開けて ヨイショと立ち上がろうとしたジョーディー。




立てなかったんです。
どう説明すればいいかな・・
犬にスケート靴を履かせて氷の上に立たせたらきっとこうなるかな?
必死に立とうとするけど立てない、思うように力が入らない、そんな感じです。

え?なんで?だって昨夜は別に普通だったよ?
ご飯もちゃんと食べて寝る前にオシッコして オヤスミって言って寝たのに・・。

見ていたこちらもパニックを起こしかけて。
それでも倒れながらもお水を飲みに行こうとするあの子を止めて 
なんとかケージに入れて 新しい病院へ急行することに。


IMG_7054.jpg



つづく




なかなか話が進まなくて申し訳ありません。
思い出しながら、記録を確認しながら・・でも長くは書けなくて<(_ _)>

| ジョーディー最後の日々 | 00:00 | comments:7 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

うん、いいんだよ。ゆっくりね。
私も勉強させてもらうね、
ジョーディーママのこの記事で。

| りぼんママ | 2013/05/30 00:27 | URL | ≫ EDIT

セカンドオピニオン。
自分のことじゃないからこそ大切なのはわかるけど
自分のことじゃないからこそ ためらうのもわかります。

我が家の先代ビーも体調がおかしくなった時に
ずっとお世話になってた病院に行き、そこに通うようになって2日。
一向に調子が良くならず、3日目に違う病院に行きました。
その時はすでに手遅れで、その日の夜に亡くなりました。
義理人情を考えてしまうのが人間の悪い癖なのかもしれませんね。
もちろん、それも大切だと思います。
ただ 大切なのは、それ以外にもあるんですよね。

記事はゆっくりゆっくりでいいと思います^^
その間に ゆっくりゆっくりジョーディーくんと向き合ってくださいね☆

| ともち | 2013/05/30 02:04 | URL | ≫ EDIT

お辛いでしょうね。
そんななか、更新してくださり、
いろいろ考えたり、勉強させていただくことができます。
あの時・・・・・
どんなかたちであっても、
命の終わりに立ち会うと、
そういう思いが誰にでも出てくるのではないかな?
そう思います。
セカンドオピニオン・・・・・・
入院させていたびびが、
手術の日、面会に行ったとき
比較的元気でした。自分で歩けていたし。
なぜ、あの日一度連れて帰って
別の病院を受診しなかったのだろう・・・・・
なぜ、入院させずにすむ方法を考えなかったのだろう。
麻酔から目覚めず、旅立ったびびへの
それが、大きな後悔です。

ママさん、ゆっくりゆっくり、
書けるときだけの更新で・・・・・・
無理なさらないでくださいね。

| mimi | 2013/05/30 08:04 | URL | ≫ EDIT

ジョディーママさん、体は大丈夫ですか?
ちゃんと食べて寝てくださいね。

ぽぽの毛、約一年たった後でも出てきたよ♪
・・・掃除がたりねぇ~って言われたら・・それまでなんやけど・・・

| もるぽぽ | 2013/05/30 08:08 | URL |

セカンドオピニオンは勇気がいります。
ましてや近所なら。ましてやほかにも知り合いの通っている病院なら。

アトムも,いきなり立ち上がれなくなったことがあったので(後ろ足の亜脱臼でしたが),その衝撃はわかります。
驚かれましたよね。

ジョーディー君の武勇伝,ちゃんと読んでいます。
心に刻んでいます。

| カピバラ | 2013/05/30 11:18 | URL | ≫ EDIT

なぜだろう。
すごく久しぶりに
みんなの事が気になって
ビグオBLOGからみんなの所たどり着いて・・・

あれ以来、
2年ぶりにBLOG開いてみたんだよ。
2年ぶりに、なんだよ?


ああ・・・
もしかしたら
ジョーディー君が呼んでくれたのかな?
なんて

楽しかったね
ビグオにとって初めてのオフ会。
一緒に遊んでくれてありがとう。

今でもビグオはマイペースで怖がりで。
でも
弟のジナンと毎日走り回ってるよ。
君にジナンを紹介したかったよ。

がんばったね。
晴れた日に
お空に旅立った君のこと。
忘れないよ

また会おう!




| tomochi | 2013/05/30 21:56 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013/05/30 22:05 | |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT