PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

光。

昨日、役場へジョーディーの手続きに行ってきました。
鑑札、返したくないなぁ・・
このまま記念に手元に残しておきたいなぁ・・
などという気持ちはおくびにも出さず。
「愛犬が亡くなりましたので手続きをお願いします」と窓口へ行って
『人と同じで死亡届をお出し願いたいんです』と
言われるまま書類記入して。
あ、鑑札及び注射証明書添付のことって書いてある(; ̄Д ̄)
見なかった事にして気づかないふりをして提出。
『少々お待ちくださいね・・』何やらPCのキーを叩いて画面に見入って
『記録を確認しましたので、後はこちらでお手続きしておきますよ^^』

終了~。

鑑札の「か」の字も触れることなく、無事に手元に残すことが出来ました。
どうせ処分しちゃうんだろうし、今はもう回収してないのかな。良かったな。
ジョーディーママです、こんにちは。




◇    ◇    ◇    ◇    ◇    ◇    ◇



ジョーディーがもう明日の朝を迎えられないかもしれない
そう告げた私に、友人たちが言ってくれました。

沢山撫でてあげて ずっと話しかけてあげてて と。

うん、そうだな。ジョディ君が淋しくないようにそうしよう。
声をかけ続けていたら安心してくれるかもしれない。
高ぶった気持ちで力が入りすぎないように優しく頭や背中を撫でて。

ジョディ君聞こえてる?何の心配もいらないよ
ママたちはずっとここに、傍に居るからね


そう何度も囁きかけて。  と・・・



ヴ~~~~~ン (直訳=うるっさいなーもう~┐(-。ー;)┌)

プイッ!そっぽ向かれた(--,)



・・・・・あれ? えっと~
あ・・・あ、そうだよね。ジョディ君辛いんだね、ゴメンね。
でも、これだけはわかって欲しいの。
ママはジョディ君の事が本当に大好きなの。
どんなに好きか知っててくれるよね?




・・・フゥゥゥゥゥゥゥ←これ以上ないくらいの溜息


(T△T) わかった、もう黙ってる(涙  …邪魔しないから(号泣

なんていう、ウソの様なやり取りもあったりして。
でも本当なんだコレが^_^;
その理由は後にわかるわけだけど。


その晩のジョーディーは呼吸もそう乱れることなく
夜中に何度も「止まっちゃったんじゃないか?!」と確認したほど。
そして、無理だと思った朝を迎えて。
真冬の寒さの中だから外には出してあげられないけれど
もう少し太陽が昇ったら、窓越しに朝日を見せてあげよう
なんて会話を夫と交わして。

9時過ぎ、1本の電話が。

病院からでした。
わざわざ電話を下さって「ワンちゃんいかがですか?」って。
この時、私はなんとも間抜けな返事をしちゃいましてね。
まだ生きてますって(汗

そうしたら「もう一度血液を診せていただけませんか?」って。
「(まだ存命ならば)再度検査してみるのもアリだと思うんです」って。
正直なところ 今更もう・・ と思いました。
車の乗り降り・病院までの所要時間、昨日の様子を考えれば
ジョーディーの負担にしかならない、とね。
ところが・・・大変熱心に言って下さる。
それじゃ、連れて行ってみようかな・・そう答えたと記憶しています。
7割方後ろ向きな気持ちで。

一旦電話を切って、ジョーディーが無理そうならば
申し訳ないけれどこちらから電話して断ろう
そう考えながら眠っているあの子の所へ。
名前を呼びながらドラえもんを捲りました。ジョディ君・・・って。


スッ!


ヽ(゚▽、゚)ノ 立った、立った!ジョーディーが立った!!
立ち上がっただけじゃなくてそのままスタスタ歩いて行って。

あら?ふらついてないよ?マジ?歩けるの?
なに?あ、お水か。そうだね、昨日から全く飲んでないもんね。
ちょっとまって今すぐにあげ・・・



水じゃないよ。メシ!


・・・・・は?


今までのジョーディーにならここは「ご飯」とキャプションを付けるんですけど
この時は「メシ」とした方がピッタリくる、そんな血気迫った感じで。
本当に食べたいのか、お腹が空いているのかと確認すれば


メシ!とにかくメシ!!!


って。

ここで乞われるままに食べさせなかった自分を褒めてやりたい!
考えたのは一瞬でした。
ストッカーからフードを一粒取り、それで誘って急いでケージに入れて。
一刻も早く病院へ向かいたかったんですけど・・も~う大わらわですよ。

きっと朝は迎えられない、その覚悟をしてたでしょ?
もうね、気力を保つので精一杯だったんですよ。
夫なんて夕食も摂らなかったし、朝はもちろん二人とも食べてない。
いつ逝っちゃうかわからないから 怖くてお風呂にも入れなかった。
片時だってジョーディーの傍から離れたくないから
今朝だって一応着替えてはいるけれど まだ顔も洗ってない。

とまぁこんな状態で(笑)

オ、オレとにかく髭だけ剃る!

私は・・あ゛ーもういいやスッピンで!



ジョディ君もう少しだからガンバレ!
そう声をかけ続けながら猛スピードで一路病院へ。


IMG_8125.jpg

わかってたけど・・そうは言われてもねぇ(苦笑





つづく

| ジョーディー最後の日々 | 00:00 | comments:10 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

笑っちゃいました。
あのお上品なジョーディーくんが『メシ!』とな^^

ビーグルって最高。
そして、ジョーディーくんって ほんっと最高☆

| ともち | 2013/06/01 00:09 | URL | ≫ EDIT

えーっ!!ジョーディー君すげぇー!!

| りぼんママ | 2013/06/01 00:14 | URL | ≫ EDIT

もうこの時点ですごすぎです!!

| アイリーママ | 2013/06/01 01:23 | URL |

メシッ!!よっし。正にビーグルだ♪

| ジュニキチ | 2013/06/01 04:03 | URL | ≫ EDIT

なんだかわからないけど、
「よしっ!」って言ってるあたしがいる~~

| もるぽぽ | 2013/06/01 05:12 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013/06/01 06:26 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013/06/01 06:28 | |

生きる力・・・・・
生きようとする力・・・・・
想像を超えるものがありますよね。
その時の様子が目に浮かぶようです。

| mimi | 2013/06/01 07:52 | URL | ≫ EDIT

ジョーディ君の頑張りに泣き、「メシ!」に笑わせて貰いました。
本当に、ジョーディ君最高だよV(^-^)V
武勇伝、心して見させて頂きます(^o^)/

| きょんたぬ | 2013/06/01 10:28 | URL |

あの,なんといいますか,武勇伝とは言っても,一般的な闘病記を想像していたわけで…。

……アレ?
飯?

| カピバラ | 2013/06/01 21:41 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT