PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

少しずつ・・・。

以前、楽天ブログの頃に書いたジョーディーの名前の由来。
その同じSFドラマの中にQという登場人物(生命体)がいるんです。
その特徴は色々あれど、特筆すべきは彼(?)の持つ力。
時間・空間移動は自由自在。架空の空間を作り出すことも出来
おそらく人間が想像出来る、それを上回る範囲で彼に出来ない事はない。
・・・・死んだ命を蘇らせることも。
この頃の私は、本気でQの力があったら・・そんなバカな事を考えていました。
倫理に反するというなら、癌を直せとは言わない。
元通りの健康体に戻して欲しいなんて無茶は言わない。
他に何も願わないから、せめてこれ以上あの子の体を蝕まないように
癌細胞が体内にいてもいいから、じっと動かず封じ込めていられるように・・。

人間、時に愚かしいほどに そんな事に真剣になったりするものです。
こんにちは、ジョーディーママです。



◇    ◇    ◇    ◇    ◇    ◇    ◇    



そのままずっと続くかと思われた平和な日々に綻びが見えだしたのは
ゴールデンウィーク中のことでした。
気温上昇に伴ってそろそろ蚊もダニも本格的に活動を始める頃。
ジョーディーにもきちんと準備を、と病院へ行ったのが5月2日。
この日はいつもの女医先生じゃなくて男性だったな。

元気そうですね、抗癌剤を止めて良かったかもしれないですね~

そんな言葉を頂きつつ、ミクロフィラリア検査をして
予防薬とフロントラインをそれぞれ2か月分買って。

あれ?と思ったのがその日の夕方。
食欲は何の問題もないけれど・・目に、それまでの覇気がない。
少しだけれどふらついた瞬間もあったり
あの子自身も落ち着かないようで、結局その晩は殆ど眠らず
移動の際にヨタヨタっと。
翌朝一番で再度病院へ。
血液・レントゲン・エコー検査のため数時間お預かり。
心配された 心臓・腎臓・肝臓に数値的な問題こそなかったものの
やはり貧血状態でした。24%だったか25%だったか・・。
そして、残念ながら 胸のあたりに転移の影がうっすら
加えて、少し腹水が確認されました。どこからか出血が始まっている・・。
ただ、赤血球の赤ちゃんの数は十分で 
あの子の体はまだまだ頑張って造血している状態で。
おまけにやっぱり食欲は満点で^_^;

試しにフードを一皿あげたけど、ペロッと平らげてましたよ^^

と。
ただ、血小板の値が著しく低かったんです。
だからこそ出血が止められないわけですが。
最初に、1月19日に駆け込んだ時と変わらないような低さ。
それを見た院長先生が

DICの危険性が・・ちょっと心配だなぁ

結局、この時出来る処置は特になく(ご飯食べてるから点滴もいらない)
そのまま帰宅。
とうとう始まっちゃったのかな・・
そんな風に考えだす自分と、必死にそれを打ち消す自分とのせめぎ合い。
ただただ、衰えを見せることのない食欲に救われて。


大きな波が襲ってきたのはそれから3日後、5月6日の夕方。
その日は朝から元気がないのはわかっていました。
歯茎も何となく白っぽい。窓辺で寝たまま起きない。
朝・昼ともに完食したけれど、何とも言えない「んー・・」と言う感じ。
目が離せないので傍で見ていた5時過ぎ。
座椅子で寝ていたジョーディーが立ちあがり、マイベッドへと移動。
その後ろ姿に明らかな違和感を感じ「どうした?」と声をかける。
踵を返してこちらに戻ってきて 私の足元のクッションに伏せた時には
緊急事態だと察知。

ジョーディー?ジョディ君どうしたの?大丈夫?

目が、焦点が合ってない・・と、伏せの体勢のまま突如白目を剥き
そのままバタン・・・失禁、そして叫び声を2度。

しっかりしなさいジョーディー!

聞こえる?


突然の私の大声に2階から駆け下りてくる夫。

祝日だったこの日は病院の診察時間が午前中だけで。
それでも迷わず電話をしました。
時間外だという事はわかっているけれど診ていただけないか、と。

快くOKを頂いてすぐに向かいました。
連休中の夕方、病院へ行く時に通る道は都心方面と銚子を結ぶもの。

大渋滞 (--,)


久しぶりにマジでイラついたなー、あの時は。


IMG_3773.jpg


いいのよ。
それが私の役目であり・・・喜びだったんだから。




つづく

| ジョーディー最後の日々 | 00:00 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

ジョーディくん。。。ママ 。。。
あたしは何もしてあげられなかったのがつらいよ。。。

| かなこ | 2013/06/10 00:09 | URL |

いいのか悪いのか…。
ジョーディーくんがお空に行った日を知ってるが故に
まだ大丈夫、この日じゃないって思いながら読んじゃいます。
それでも辛い。
でも まだまだ続く武勇伝を 最後まで読みますよ。
ジョーディーくんを近くに感じることが出来るんですもんね^^

| ともち | 2013/06/10 00:18 | URL | ≫ EDIT

ジョーディー君の戦い,最後までちゃんと読みます。
目を逸らさずに。

| カピバラ | 2013/06/10 10:42 | URL | ≫ EDIT

色々な情景が頭に浮かびました。
ジョーディー君一家の頑張り戦い
シッカリ読ませていただきます。

| ジュニキチ | 2013/06/10 13:39 | URL | ≫ EDIT

バタバタしていてミク見てなくて(汗)
ジョディ君のこと先日知りました。

それからblog、読ませて頂いてたのですが
なんといったらいいのかわからずで
コメントも遅くなりました。

ご飯の件も遊びの件も
ジョディ君の気持ちが…(;_;)
ジョディママさんの気持ちに添うと
言葉がつまります。


とっても遅くなってしまいましたが
ジョディ君どうか安らかにm(__)m

完結までじっくり読まさせていただきます。


| ほくねぇ | 2013/06/10 19:03 | URL | ≫ EDIT

全然コメントできなくてごめん。
でもちゃんと読んでるからね!
ジョーディーくんの頑張り、最後まできちんと読むから。

| きみたま | 2013/06/10 19:07 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。