PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

それぞれの思い。

ジョーディーの癌がわかって
頭では理解しても心がまだそれを受け止めきれていなかった頃
私に、こんな言葉を下さった方がいました。

突然の出来事だと、どうしていいのかわからなくなりますよね。
人も動物も生きとし生けるものは全て死があります。
そのタイミングは全て自らが決めて来ています。
そしてそれはベストタイミングを選んできています。
出会えた命に感謝して、身体を持って一緒にいられる時間を愛を持って過ごす。
こんな意識を選ぶ事も、寂しさ、つらさ、悲しみの意識を選ぶ事も出来ます。
どの意識を選ぶかは、私達次第ですね。


出会えた喜びに精一杯感謝しよう。
そしていつの日かジョーディーが逝かなければいけなくなった時
それがあの子の決めた事ならば どんなに辛くても受け入れよう
この言葉を頂いていたことで、私はそう考えられるようになりました。
あの子を見送った今でも、本当に有難かったと そう思っています。
こんにちは、ジョーディーママです。





◇    ◇    ◇    ◇    ◇    ◇    ◇




寄せては返す波、なんて言い方をよくしますが
ジョーディーが一度倒れて復活した後
亡くなるその日までの約2週間はまさにそんな感じでした。
静かに穏やかに行ったり来たりする小さな波(たまにフラフラ)
そして時折 溜まりかねたようにザブーンとくる大きな波。(=倒れる)

5月8日以降、その比較的大きな波は3度訪れました。
今度こそもうダメなのか・・と思わせておいてその度に復活して。

そしてそんな時には決まって

IMG_9594.jpg

人の前に来てはこういう顔をする。
なんとも不満そうな、ちょっと淋しそうな顔でしょ?これね

ねぇ、宝探ししようよぅ。なんで遊んでくれないの?

って言ってるんですよ。

アンタが倒れちゃうからだよ(涙)

この時の私には、もうそう答える以外ありませんでした。。
ジョーディーだってボール投げが出来ない事はわかってる。
だからさすがにそれは催促しなかったけれど
必死に私をオモチャ箱の方へ誘導するんです、視線で。
けれどもう・・宝探しも無理な状態で。
あの子が引き下がるのも早かったけれど、断るのは辛かったな。

病院では「もしかしたら脳への転移が始まっているかもしれない」
そう言われたりもしたけれど
それでも復活出来たのはおそらくあの子がご飯を食べていたから。
先生にも「さすがビーグルですね」と苦笑されるくらい。
倒れて、その拍子に失禁したり脱糞したり
血液検査で貧血度の数値がもう20%しかないのに
2日もすればフードも手作りスープもペロリと平らげて。
そんな間には新発見もありましたよ。

ジョーディー君はグリンピースがお嫌い

スープを作った時に入れたんですけどね。
器用にそれだけお皿の中に残したり 全部外に出てたり^_^;
状況的にはかなりシビアだったのに 笑わせてもらったな~。


亡くなる1週間前くらいからだったかたまに辛そうに唸る時がありました。
どうにかしたいんだけどどうにもならない~
という感じに。
この頃にはもう自由に動くこともままならなかったな。

抗癌剤治療を止めると決めた時から
もう1つ 自分の中で誓った事がありました。
私の中のジョーディーへの思いを全て「ありがとう」に変えよう
「ごめんね」は口にするまい、と。
ご飯を食べたら「今日も綺麗に食べてくれてありがとうね~」
遊んだ後は「ママも楽しかったよ、ありがとう」という具合に。
そう誓っていたのに・・私、また間違えちゃって。

その時ジョーディーはお水が飲みたくて、目で必死に私に訴えてたんです。
けれどなかなかそれに気づいてあげられなくて。
何かを訴えてるのは知ってたの。
それがお水なんだと辿り着くまでに時間かかっちゃって。
そうでなくてもたまに苦しそうなのにどうしてあげることも出来なくて
見ているしかない自分が不甲斐無くて泣きたくなって・・ 
思わず口にしてしまったんです。

ジョディ君、すぐに気づいてあげられなくてゴメン
苦しい時にママ何も出来なくてゴメンね


って。

動くことも辛いはずのあの子が突如、驚いたように立ち上がって
それから必死に私の顔を舐めはじめて。
まるで

違うよ、ママのせいじゃないんだよ。

とでも言うように。


・・・バカか私は。
お水なんだと教えてくれてありがとうって言わなきゃいけないのに
誰よりも辛いはずのあの子に気をつかわせてどうする(涙)




その時の私に出来たのは ただあの子を抱きしめる事だけでした。





そして5月18日、「その時」から3日前。
ジョーディーはとうとう自力では立つことが出来なくなりました。






つづく

| ジョーディー最後の日々 | 00:00 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

あぁ、ジョーディーくん。
わたしもグリンピースが嫌いです。
なんだろ?妙に嬉しい^^

『ありがとう』。
大切な言葉ですね。
わたしは前の子に 最後まできちんと言えなかった気がします。
ママさんは その言葉の大切な意味に気付かれたんですね。

ジョーディーくん、もうちょい。
もうちょい頑張って。

| ともち | 2013/06/12 00:20 | URL | ≫ EDIT

家光はまだ3歳ですが、毎日
ありがとう。そう思います。
この記事読み続けていて、本当に
一緒に居れる時間のありがたさを
痛感します。
前の子で経験したはずなのに。。。
忘れちゃうんですよね。反省しました。

ブログでこうして色々と教えてもらえるのも
家光が家族になってから。
色んな方に出会えて、ありがとう!!です!!

| ジュニキチ | 2013/06/12 00:30 | URL | ≫ EDIT

ありがとう
素敵な言葉だと思います。
ジョーディー君もきっと、その言葉を
繰り返していたでしょうね。
私もびびに、ありがとうってそういいながら、
その倍、ごめんねって言ったかも。
そうですよね。ありがとうって
びびとの時間のすべてに感謝しないとね。
私には、5歳で亡くなった姪がいます。
生まれてから、手術を繰り返してきた姪が、
いちばんたくさん遺した言葉が
ありがとうでした。

| mimi | 2013/06/12 07:23 | URL | ≫ EDIT

ごめんねじゃなくてありがとう。
とても大事なことですよね。
私も,この記事を読んで気づかされました。
ただでさえ,こちらの悲しい気持ちに敏感な彼らに対し,ありがとうと明るく言えるのは大切なことです。
ジョーディー君は,何もかもわかった上で,遊ぼうって言っていたのですね。

| カピバラ | 2013/06/12 11:12 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT