PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

当たり前がありがたい

いや~!ものすごい雨と風でした。気温も上がりましたね。
12月に入って1日ストーブのお世話にならずに過ごすなんて。
・・・異常気象なんでしょうかねぇ、これも。

皆さんこんばんは、ジョーディーママです。
本日もお越しいただきありがとうございます。







***********************************************************************






今日は犬ネタじゃないんですけど。




拳です。親指を中にして握ったグーです。
恐らく、普通なら子供でも出来ることです。






2_20151211200838b03.jpg

そんなつれない言い方しないで、ディアちゃん。



7月からの約5ヶ月の間、私はこれが出来ませんでした。
ある朝起きたら痛かったんです、左手親指の付け根から手首にかけてが。
前の晩までなんでもなかったのに。とにかくもう動かせない。

腱鞘炎。ド・ケルバンってやつです。
近年、スマホの普及により、若い方にも増えてきている疾患です。
最初に思ったのは「なぜ私が?しかも利き手でもないのに」でした。
スマホ持ってないし、普段は携帯も不携帯だし
あの頃はまだipod touchも持ってなかった。
使い過ぎてるという意識も当然ない。
で、よくよく調べてみれば・・・
あら、お年頃の女性にも出やすいのねとガックシ^_^;

「腱鞘炎」という疾患については、存在は知っていたものの
まさかこれほどまでとは・・・なってみなけりゃわからない(--,)
何から何まで、日常生活が成り立たないんですよねー。
治癒への最優先事項は、まず使わない事 温存 なんですけど
そうもいかないんですよ。私、主婦ですしね。
泣き出したい気持ちを堪えつつ、な毎日でした。

だって本当に何にもまともに出来ないんだもの。
物が持てないのはもちろん、ほんの少し触ったり動かしただけで
叫び出したいような、息が止まりそうな激痛が走るから。
着替えが出来ない、手も洗えない、ドアが開けられない。
お風呂に入るのもトイレで用を足すのも一苦労┐(-。ー;)┌
何とか右手を駆使してディアナの散歩にも行ったけど
あのお転婆娘にリードでガーンとやられて
朝から一人、声も出せずに涙目でうずくまった事も1度や2度じゃない。





発症後2ヶ月経った頃でも


3_20151211200839aa1.jpg

この状態でものすごい痛み。
あの頃から考えると再び拳を握れるまでに回復出来るなんて夢のようです。





先月の今頃はまだこの程度しか開けなかったのに


4_2015121120084104a.jpg






今はここまでしっかりと。


5_201512112008424ee.jpg

力を入れ過ぎるとまだ痛いけど。



そして思うのです。
出来て当たり前だと思っている事が 実はなんと有難く恵まれていたのかと。
病んだのが左手だったことも、今では感謝の気持ちさえ湧いてくるのです。
だってこれ、もしも利き手の右だったらもっと大変だったもの。
包丁は持てない箸は持てない・・とんでもない事になってただろうな。

嬉しいですよ、本当に。




6_20151211201102cb3.jpg

あ、いや・・・・。
そこはほら、またガーンとやられて元の木阿弥とか絶対にイヤだから





せいぜいパパに遊んでもらってくれる?


7_20151211201103dde.jpg








ディアに悪化させられたのも1度や2度じゃないからさ。


そのまま完治するといいねって押してね!


こちらもどうぞ宜しく<(_ _)>

| 飼い主 日常 | 00:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。