PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

信頼の証

明け方の4時過ぎ、布団に潜り込むディアナの生温かい鼻息が耳元にかかって
くすぐったくて目が覚めました。
起きるにはまだ早いので改めて寝直し、目覚ましのアラームが鳴った5時半。
ディアちゃんおはよう~、と頬を寄せたら・・・顔ではなく尻でした(--,)

いつ、逆さまになった・・・

皆さんこんばんは、ジョーディーママです。
本日もお越しいただきありがとうございます。







***********************************************************************







言葉よりも遥かに雄弁に語る、犬のカーミングシグナル。
不要な争いを避けるために生まれつき備わった、非音声の犬的言語ですね。






例えば手や顔をペロペロと舐めてくるのは




犬の愛情表現だと言われているし






寒いわけでもないのに体を震わせるのは、かなりのストレスを感じているときで
そこから何とか気持ちを解放させたい、そんな時に体を震わせるのだとか。


2_201611042144359ac.jpg

^_^;









そして犬がお尻や背中を向ける行為は


3_20161104214436819.jpg

「落ち着いてね」とか「争う意思はないよ」という意味があり
背中を向けた状態でリラックスしているのは「安心」を表すシグナル。






つまり






「寝る」というこの上なく無防備な状態(しかも爆睡)で尻を向ける、と言うのは


4_201611042144374d8.jpg

そういう事なのね。








少々複雑だけど信じてくれて嬉しいよ。


寄せたのが唇じゃなくて良かったねって押してね!


こちらもどうぞ宜しく~<(_ _)>

| ディアナ | 00:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。