PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

記憶

おはようございます、ジョーディーママです。
本日の記事はボツ画像で出来ています。



数日前に、こんなページがあるって知ったんです。
彼女に教えてもらって。

そうだろうなぁ・・犬や猫、他の生き物達だって怖い思いをしているわけだし
まして、人間と違ってそれが何だったのか知るわけもないから
PTSDに苛まれることだってあるよな~、と 暢気に読み進めていたのですが。



よくよく考えてみたら・・思い当たる節がある。

記憶1

もともとヘタレーキングで 一人にされる事、お留守番が大嫌いだったけど



そう言えば 最近はそれが顕著だ・・・。

記憶4

お買い物に出るのはもちろんの事
ちょっとゴミ捨てに行っただけで 玄関まで走って迎えに来る・・
洗濯物を干そうと2階へ上がるだけで「連れてって、ボクも!ボクも!!」と騒ぐ・・
外出から戻って玄関のカギを開けるのにほんのちょっと手間取っただけで
扉の向こうでものすごい勢いで怒ってる・・・。
そう言えば 最初の1週間は 揺れた時に居た場所方面への散歩も拒否してたっけ。


以前から私が服を着替えるだけで それがお出かけ用なのかお家仕様なのか
チェックを怠らない所はあったけど^_^;
現在ではパジャマ姿なら安心・・という徹底ぶり。




1つ1つを見れば そう大きな変化ではないかもしれないけれど
これら全てを合わせれば・・こりゃちょっとケアが必要かな?
今日は久しぶりに病院へ行くから 先生にも聞いてみようかな?

記憶5

爪切んなきゃでしょーが。




そう考えつつ 記事を最後まで読んで・・・

記憶3


ジャンは椎間板ヘルニアにかかったあと、ほぼ普通に歩けるようになり
他の階段の上り下りができるようになってからも、自宅の階段だけは絶対に下りなくなった。
階段の上で僕を振り返り、抱き上げて下ろしてくれるまでずっと待っている。
もしかしたら、ジャンの椎間板ヘルニアの発症はこの階段で起きたのかも知れない。
こうした痛みや怪我の様な強い負の記憶も、PTSDを引き起こす原因になり得るので
無理強いは禁物だ



この文章で愕然。


もしかしてジョーディーが家の階段で抱っこをせがむようになったのって・・コレ?

記憶2

決定的に痛くなったのが 我が家の階段だったからなのかな?
だから「おいで」って両腕を広げると 本当に嬉しそうに飛んでくるのかな?
我儘じゃなかったのか・・・。




もしもそうだったんだとしたら・・あらぬ疑いをかけてごめんね。

記憶6

無理強いをするのはいけないらしいから
君の気が済むまで これからずっと 喜んで抱っこで上り下りするよ。




パパが(笑)

にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

2つのランキングに参加しています。押していただけると嬉しゅうございます。


節電のため コメント欄を閉じてあります。ご了承下さい。
皆様の所もほぼポチ逃げ状態です。申し訳ありません。

| 犬 日常 | 10:02 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT